アロマロマン

アロマについて|精油の効果は?|手作りアロマ|アロマ活用法|ペットだって癒されたい|オススメ書斎|アロマのお仕事したい!|ホーム


精油はどのように作られるの?

精油は数多くの有機化合物で出来ているから、 1つの精油には様々な作用がるんだよ。

水蒸気蒸留法(水蒸気で蒸して芳香成分を得る方法をいう)

植物原料を蒸留釜に入れ水蒸気を吹き込んだり、釜に入っている水を沸騰させたりして、植物の芳香成分を蒸発させ、その芳香成分の入った水蒸気を、冷却菅で冷やし、液体に戻す。比重の軽い精油成分は水に溶けず浮上するので、容易に分別することができ、その際に得られる水は芳香蒸留水と呼ばれている。

※芳香蒸留は「次世代のアロマテラピーとして注目されているんだよ。

 

 

圧搾法(圧搾して、搾り、芳香成分を得る方法)

・熱に弱い柑橘類の精油を抽出する時に使われ、果皮をローラーや遠心法の機械で圧搾し、低温で精油を
得る。
・ 自然の香気を保っていますが、不純物が混じり、変質しやすい成分も多く、他の精油に比べて品質の劣化が早いので注意が必要。また、果皮を直接搾るので、農薬の心配もありオーガニックの精油がおすすめ。

 

溶剤抽出法(溶剤に溶かして芳香成分を得る方法)

・植物の芳香成分をよく溶かしだす揮発性の有機溶剤(石油エーテル、ヘキサン、ベンゼン)を使用し、植物を入れた溶剤釜で抽出し、ここからエチルエーテルアルコールで芳香成分を取り出し、最後に得られたものを「アブソリュート(Abs.と表示)」と呼んでいる。

・ ローズやジャスミンなどの微妙な花の香りを得るのには、とても優れた方法でが、溶剤が残っている可能性もあり、トリートメントで使うよりは、芳香浴などがおすすめ。

抗うつ作用:憂鬱な気分を明るくし、高揚させる作用

イランイラン、オレンジスィート、カモミール・ローマン、グレープフルーツ、 サンダルウッド、ゼラニウム、ネロリ、フランキンセンス、ベルガモット、ラベンダー、 レモン、レモングラス、ローズ・オットー、ローズマリー、カモミール・ジャーマン、 シトロネラ、ジャスミンAbs.、バジル、パチュリ、プチグレン、メリッサ、ローズAbs.、 ローズウッド、マンダリン

 

催淫作用:性欲を高める作用

イランイラン、サンダルウッド、ジュニパー、ネロリ、フランキンセンス、 ローズ・オットー、クローブ、シナモン・リーフ、ジャスミンAbs.、ジンジャー、タイム、 バジル、パチュリ、ブラックペッパー、ベチバー、ローズAbs.、ローズウッド、 ヘリクリサム、アンジェリカルート

 

催眠作用:眠気を誘う作用

オレンジ・スイート、ラベンダー

 

刺激作用:アドレナリンの分泌量を増加させ、エネルギーを増進させる作用

グレープフルーツ、ジュニパー、ペパーミント、ユーカリ、タイム、パイン、 ブラックペッパー、アンジェリカルート、バジル、クローブ、シトロネラ、 シナモン・リーフ、ジンジャー、スペアミント、ティートリー、ニアウリ、フェンネル、 ミルラ、ヤロウ、レモングラス、ローズウッド、ローズマリー

 

鎮静作用:興奮を鎮める作用

イランイラン、オレンジスィート、カモミール・ローマン、サンダルウッド、ジュニパー、 マジョラム・スイート、ネロリ、フランキンセンス、ベルガモット、ラベンダー、レモン、 レモングラス、ローズ・オットー、カモミール・ジャーマン、サイプレス、シダーウッド、 ジャスミンAbs.、ジンジャー、パチュリ、プチグレン、ブラックペッパー、ベチバー、 ベンゾインResin.、ミルラ、メリッサ、ローズAbs.、ローズウッド、ヘリクリサム、 マンダリン



●心や体への効果・作用

鎮静作用:こころと体を鎮静し、リラックスさせる作用がある。
鎮痛作用:各種の痛みをやわらげる。
鎮痙作用:筋肉の緊張を緩める作用。
消化・食欲増進作用:胃腸の消化活動を高めたり、食欲をます作用。
ホルモン調整作用:ホルモンの分泌を調整する作用。
刺激作用:こころや体を刺激して、元気にしてくれる。
強壮作用:身体各部、全身の働きを高める。
免疫賦活作用:免疫力を高める。
利尿作用:尿の排泄を促進する作用。

 

●お肌への効果・作用

収斂作用:皮膚を引き締める作用。
保湿作用:皮膚に潤いを与える作用。
エモリメント作用:皮膚を柔らかくする。

 

●細菌やウィルスや虫などに対する効果・作用

殺菌作用:バクテリアなどの菌を殺す作用。
抗菌作用:細菌の繁殖を抑える作用。
抗真菌作用:真菌の増殖を抑える作用。
抗ウイルス作用:ウイルスの増殖をおさえる。
殺虫・虫よけ作用: 虫を殺したり、除けたりする方法。

Last update:2016/7/8

▲UP